2008年10月16日木曜日

アメリカへ

遊びすぎて疲れてしまい、おまけに2日前から風邪をひき、最後にまとめて買おうと思ってたお土産がほとんど買えませんでした。

ANAの重量制限を全く考えず、詰められるだけ荷物を詰めてたら、機内預け入れ荷物が7kgも重量オーバーになっていました。(布団乾燥機も持ち帰る予定だったんですけど。。。)
今回はANAが超過分を持ちますと言ってたので、飛行機は空いていたんでしょうね。

私の隣は空席だったのですが、窓側には人がいました。ふと横をみると、3列とも空席のところがありました。客室乗務員の方に断ってから席を移動。お陰で又3席使って横になって帰って来れました。

座席が後方だったため、機内食はお魚を選べず残念でした。まあ、いつもほとんど食べないのであまり関係ないんですけどね。
ハーゲンダッツのアイスが、アメリカ発に比べ小さかったです。

DSC05557DSC05565DSC05566

サンフランシスコに到着。
一番嫌いな入国審査です。アメリカを出国する時から帰りのこの入国審査を心配してました。
以前、ビザを持って一人でサンフランへ入国したとき、英語で言いたいことが言えなくて黙ってしまったことがありました。その時日本語が話せる空港職員を呼ばれてしまった苦い経験があり、毎回めちゃくちゃ緊張するのです。

今回聞かれたのは、
1 ビザの種類
2 あなたの仕事は?
  私は働けない。夫がここで働いているというと
3 夫の仕事は?
4 会社名は?
5 日本へはバケーションか?どの位滞在したのか?
確かこの程度のことだったと思います。

ここからは日本語で聞かれました。
6 食べ物 飲み物持ってますか?
7 お金、持ってますか?
8 お土産買いましたか?
9 どんなもの?

そして最後にpetition?
全く知らない単語を言われ私の頭の中は???
でも、ここで聞かれるのはビザの書類位だと思い、マンションで見つけて必要かもと思って持ってきた書類を出してみました。見事あたり。この書類、とても重要だったみたいです。「原本は家においておきなさい。コピーをして、そのコピーをパスポートの最終ページにホッチキス止めするように」と言われました。
6月に夫と入国した時は、こんなこと聞かれなかったのに。そもそもこの書類の存在を夫自身が知らなかったのです。私一人で入国する時のみ必要だったんでしょうか。

6月に入国した時は、指紋は人差し指のみだったと思ったのですが、今回は10本採取されました。
益々アメリカ入国が厳しくなりました。

税関も無事突破。見つかったら没収されるであろう食品を持っていたので、良かった♪

そして又、私のアメリカ生活が始まります。

2 件のコメント:

Jasmin さんのコメント...

おかえりなさい~。

入国審査は色々聞かれるんですね。
前々回私も言葉がよくわからなくて???となりましたが、その時は係員が日本語をしゃべってくれました^^;
(ヒトリデスカ?って)

質問も指紋も来るたびに厳しくなっていくみたいですね。
食べ物は全般的に禁止でしょうか?
それにpetitionって。。。?

到着時間によっては混んでいるから着いて早々疲れちゃいますね。

またランチやショッピングなどアメリカ生活楽しみましょうね。

sunny95054 さんのコメント...

Jasminさんへ
食べ物は、肉や野菜などが禁止だったと思います。今回「てつや」の生ラーメンを持ち込んでいた為、肉エキスにひっかかると思ってたんです。その昔、友人から「肉」という漢字だけは税関の人もわかると聞きました。よく日本のカレールーやカップラーメンが没収されるようです。

petitionは辞書を引くと「請願 嘆願」などどでてきます。よくみるとビザの書類にもpetitionと書いてありました。以前、Japanese speakerを呼ばれたのもこの書類の件だったんですよ。その時はこんな書類があることを知らなかったんです。
どんな種類のビザでもこの書類はあると思いますので(多分)、一人で入国することがありましたら絶対持ってた方がいいと思いますよ。